有馬温泉日帰り旅行


1日何も用事がない…そうだ有馬温泉に行こう!

ということで弾丸有馬温泉日帰り旅行へ
          
 
 
1月の寒さの中なかなか外に出たくないけど、温泉なら体も心も温まる!ということで出発
 
 
 

大阪十三→神戸三ノ宮→谷上→有馬口と乗り継いで有馬温泉まで

1時間半で目的地到着(13:00)
 


ちょうどお昼時なので散策しながらお昼を食べることに

細い路地が続いていていい雰囲気

雑貨屋さんや飲食店が立ち並ぶ


お昼ご飯は《土山人有馬店》へ

平日にもかかわらずたくさんのお客さんが来てました
 
どこかで見たことのある、かぼすそばを注文することに

すごいインパクト!


 
つゆにかぼすの風味が相まって柑橘好きにはたまらない!

ごちそうさまでした!

関連ランキング:そば(蕎麦) | 有馬温泉駅




お腹も満たしたところで早速温泉へ

有馬温泉には2つの外湯があり、まずは《銀の湯》へ


無色透明・無味無臭でくせのないラジウム

冷えた体も一気にホットに

 
 
銀の湯から出た後路地でこんなものを発見

明治の温泉一覧なんだとか

有馬温泉草津温泉と並んで大関、最強や


全国にはまだまだ行っていない名湯が…

みなさんはどれくらい制覇してますか??



お腹も満たして、温泉で温まったところで散策開始(15:00)


有馬温泉名物炭酸煎餅屋さんへ

こんな感じで作っているそう

試食もさせてもらえます

サクサクでおいしい!



外には梅の木が、春が待ち遠しい




歩いていて目に留まったのはいろんなところに設置された鬼瓦

デザインも様々

お寺の鬼瓦を観光資源として設置しているらしい

散策のひとつの楽しみになります!





温泉寺にお参り

奈良の大仏造立で有名な行基が建立したそう、有馬温泉の歴史のすごさがうかがえます

地面に東西南北の刻まれた石

何か意味がありそう??




こんな感じの路地を歩いていく

レトロ感に現像してみた!



後々出てくる金の湯の温泉源

どんな構造になってるんだろう


こんな遊びごころののある扉だったり
 
よくいる飛び出し危険の子供の顔が…
 
「何見てんだよ」(笑)

歩いてて飽きないおしゃれで面白い散策に!

1時間くらいでゆっくり回れます




中心のほうに戻ってきて町を流れる有馬川から1枚

温泉街らしい静寂の中に流れ続ける川がいい

1月の平日にも関わらず多くの観光客、休日は混んでそう

外国の方も多く来てます!



旅行の楽しみと言えば地酒を飲むこと!

「しぼりたて原酒」いただきました

有馬ビールもおいしそう

関連ランキング:バー | 有馬温泉駅
 
 
おつまみは隣のお店でてんぷらを


 
 
 
 

そろそろ寒くなってきたので再び温泉へ

すぐに温まれる、やっぱり温泉地最高!



本命の《金の湯》へ(16:30)

先ほどの銀の湯とここ金の湯が有馬温泉の入浴場

金の湯のほうが大きくて特色があったので1か所でいいという方はこちらをおすすめ!

茶色の湯で塩分、鉄分が豊富な温泉

結構しょっぱい

めちゃめちゃ体が温まります、最高!


釜めしの《くつろぎ屋》へ(18:30)

 
おばあちゃんち館ののある広い畳の部屋で食べられるのは神戸牛・新鮮野菜のセイロ蒸し
「湯けむり蒸し」
 
神戸牛最高!

今回選んだ白米も釜炊で注文してから炊いてくれていました

お米だけでも何杯もいけそう…

すごくお勧めです!!ごちそうさまでした!
関連ランキング:釜飯 | 有馬温泉駅


大満足でそろそろ帰ることに(19:00)

バーも多く夜も楽しめそう
 

帰りは高速バスで梅田まで1時間

1300円ほどだったので乗り換えなしと考えるとバスのほうがよかったかな

大阪行きと京都行きが出てました








昼到着日帰りでも大満足の有馬温泉

ぜひまた行きたい所となりました

1日フリーになったり、少しゆっくり過ごしてみたいという人におすすめですあとは晩御飯を食べて帰るのみ